· 

歯を抜く?抜かない?

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今回は、歯を抜く矯正、抜かない矯正について語らせていただきます。

 

矯正治療において、最も治療例の多い不正咬合は叢生(デコボコ)です。とくに日本人は欧米人に比べて叢生を放置している場合が多く、主目的が八重歯は出っ歯の矯正でも叢生の傾向があるかたを含めると、ほとんどすべての患者さんが叢生を抱えているといっても過言ではありません。そして重度の叢生の場合、最も大きな問題になるのが、歯を抜いて治療するか、それとも抜かずに治療するかという選択です。

 

治療方針を相談する際に「歯を抜かないで治したい」と言われる患者さんは少なからずいらっしゃいます。矯正歯科医の立場から言わせていただくと、叢生を解消するには、デコボコの歯列をなだらかに並べ直すためのスペースが必要です。そのスペースを新たに確保する方法として歯の一部分を抜くことは、最も一般的で確実性が高く、よりスピーディーに矯正を進められる最良の治療法といえます。しかしながら、患者さんが歯を抜かない治療を希望された場合、ご希望に沿って治療方法をデザインすることが矯正歯科医の仕事です。

 

歯を抜かないで行う矯正治療には、主に次の3つの治療方法が用いられます。

  1. 前歯を前方(唇側)に出すように矯正してスペースを確保する。
  2. 歯列弓(アーチ状に並んでいる歯の列)を横に広げるように矯正してスペースを確保する。
  3. 奥歯を後方に下げるように矯正してスペースを確保する。

どれも一般的な治療方法ですが、それぞれ治療に用いる際には注意しなくてはならないことがあります。

  1. 「前歯を前方へ出す」の場合、歯列全体のバランスを考慮しないで行うと口元が前に出て、上下顎前突のような横顔(側貌)になってしまいます。
  2. 「歯列弓を横に広げる」の場合は、過剰に歯を動かして歯根があごの骨の外に飛び出ないよう気をつけなければなりません。
  3. 「奥歯を後方に下げる」は治療期間が長くなる傾向があり、矯正用のアンカースクリューの併用が必要な場合も少なくありません。

歯を抜かない治療を希望された患者さんには、これらのことを説明し、問題や支障がきたさない範囲で治療を行うことに了解をいただきます。ただ、3種類のうちいずれかが最適な方法があるかは、患者さんの口腔内の状態によって異なります。もともと歯根が顎骨の際に位置している人もいますし、顎骨が外側に向かって傾斜している人の前歯を前方に出すと、それほど移動させていないにもかかわらず横顔が変形してしまったりします。口の中の形は本当に千差万別、人それぞれなのです。

 

デジタル矯正ではこのような場合、治療法を選択するにあたって従来の矯正診断とCBCTデータとSTLデータを融合して総合的に診断していきます。アールクリニックのデジタル矯正では、今まで予測するのが難しかった歯の移動によるリスクを正確に予測することができます。より安全で、患者さん個々のご要望に応えられる治療計画を提案していきます。

歯科・矯正歯科アールクリニック

山口県宇部市西岐波東原1227

 0836-51-6480

診療時間 /

午前 9:00 - 12:30  午後 14:00 - 18:30

休診日 / 木曜・日曜・祝日

受付時間 / 午前 11:30まで  午後 16:45まで

診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:30

1月14日(木)は午後のみ診療となります。