· 

気になる部分だけ治療する「部分矯正」

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。「私はどの矯正治療方法を選べばいいの?」と迷っているかたのために、歯列矯正治療の種類と内容について、それぞれのメリットとデメリットをあげながらご説明します。今回は、気になる部分だけ治療する「部分矯正」について語らせていただきます。

部分的に歯列矯正、すなわち「前歯だけ矯正したい」など治療箇所が少ないため、期間も費用も全体矯正よりかからずに、気軽に始められるのが最大のメリットです。ただし、歯並びや歯そのもの、あごの骨などの状態によっては、部分矯正が難しい場合も少なくありません。他の歯を矯正せずにその部分だけ動かすほうが複雑な治療になることや、せっかく矯正したにもかかわらず、はっきりとわかる効果が得られないことがあります。また、部分的に矯正しても、全体的な噛み合わせに問題が残る場合も考えられます。とくに上下どちらかの一部分の歯だけを治療すると、かえって噛み合わせに支障が出るケースがあります。

 

例えばですが、前歯のデコボコを治すとき、部分矯正にしたところ「かえって出っ歯になってしまった」という人がいます。これは、全体矯正なら奥歯を固定源にして前歯のデコボコを移動させることができますが、部分矯正では奥歯を利用できないため、移動させたい歯と移動を支える固定源との力関係が反対になってしまう可能性が高いのです。

 

アールクリニックのデジタル部分矯正は、CBCTデータとSTLデータを融合させ、効率的な治療を実現します。ただし、万能というわけではありませんが、より緻密で精度の高い部分矯正を提供することができます。そして、デジタル矯正の院内システムの構築により、近い将来、部分矯正治療費を低く抑えていくようにしていきます。