· 

取り外しが可能な「マウスピース型矯正装置」

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。「私はどの矯正治療方法を選べばいいの?」と迷っているかたのために、歯列矯正治療の種類と内容について、それぞれのメリットとデメリットをあげながらご説明します。今回は、取り外しが可能な矯正装置「マウスピース型矯正装置」について語らせていただきます。

 

マウスピース型矯正装置は、表側矯正(ラビアルブラケット矯正)装置や裏側矯正(リンガルブラケット矯正)装置のようにワイヤーとブラケットを使わず、マウスピース型の装置を治療段階ごとに付け替えて矯正する方法です。一般的には1~2週間に一度のペースで装置を交換することが多いようです。

メリットとしては、自分で取り外しができる装置なので、歯磨きや装置自体のお手入れが簡単ですし、比較的に快適な口腔内環境を保ちながら矯正することができます。装置が透明で目立ちにくいのも、この方法を希望する人が多い理由といえるでしょう。マウスピース型矯正装置を選ぶことにより効果があげられる症例としては、軽度のデコボコやすきっ歯に限られます。最近は抜歯を必要とするような難しい治療にも対応できるようになりつつあるといわれています。しかし、私見ですが実際のところは、抜歯を伴う矯正治療でマウスピース型矯正装置のみを選択すると治療がかなり困難となります。ゆえに現時点ではアールクリニックにおいて、抜歯を伴うマウスピース型矯正装置のみの治療は行っておりません。

 

一方デメリットとしては、少しずつ歯を移動させる方法であるため他の治療法と比較すると、治療期間が長くなることがあげられます。比較的、軽微な症状の改善に向いており、重度の症例では適応できない場合もあります。他の矯正装置に比べて使い心地の煩わしさが少ない反面、治療の進捗に合わせて何度もマウスピース型矯正装置を交換しなければならない面倒さはついて回ります。段階に応じて数十個のマウスピース型矯正装置を付け替えていく治療が一般的ですので、その面ではあまり楽な矯正方法とはいえません。また自分で取り外しができるだけに、どうしても歯磨きや食事、気を張る席に参加するときなど、頻繁に外してしまいがちです。患者さん側の治療に対する協力度が、治療期間の長さや治療効果を左右しやすいのです。

 

アールクリニックのデジタルマウスピース型矯正装置は近い将来、CBCTとSTLデータを融合させ、効率的な治療を実現します。そして、デジタル矯正の院内システムの構築により、裏側矯正(リンガルブラケット矯正)装置とマウスピース型矯正装置を併用する「カスタム・コンビネーション矯正」を実現し、治療費を低く抑えていくようにしていきます。ご期待ください。

歯科・矯正歯科アールクリニック

山口県宇部市西岐波東原1227

 0836-51-6480

診療時間 /

午前 9:00 - 12:30  午後 14:00 - 18:30

休診日 / 木曜・日曜・祝日

受付時間 / 午前 11:30まで  午後 16:45まで

診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:30

1月14日(木)は午後のみ診療となります。