· 

見えない装置で行う部分矯正治療

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、見えない装置で行う部分矯正治療について語らせていただきます。

 

アールクリニックでは、シンプルな舌側装置とアライナーを用いた審美的で効率的な部分矯正治療を行っています。歯列矯正装置(ブレース)をつけていることは、あなたにしかわかりません。いわゆる「見えない部分矯正」です。

 

リンガル(舌側)ブラケットは歯の後ろ側につける歯列矯正装置ですが、その機能は前につける通常の装置とほとんど変わりません。アールクリニックで使用しているのは、ドイツで生まれた薄くて快適な2Dリンガルブラケットです。

ブラケットの薄さはわずか1.3mm~1.6mmです。ですから、歯の裏側につけても大きな違和感はありません。おしゃべりや食事も今までとほとんど変わらず楽しむことができます。そして何より嬉しいことは、摩擦抵抗がとっても少ない装置なので、治療期間を短くすることができます。

 

前の歯に隙間があったり、下の前歯が少し乱れていたり、ちょっとした歯並びの乱れを簡単に治す方法であり、気になる歯並びを他人に気づかれずにできるだけ早く治すこともできます。ただし、部分矯正治療には適応範囲がありますので、まずはアールクリニックにご相談ください。