· 

矯正治療中の虫歯について

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、矯正治療中の虫歯について語らせていただきます。

 

矯正歯科治療中に虫歯ができてしまった場合、まず虫歯の治療をしなければなりません。虫歯の原因としては、当然、装置を装着した状態でブラッシングができていないことが考えられます。矯正装置がついているとブラッシングも煩雑となり、磨く技術も必要です。

 

そのような状況の中で患者さんのモチベーションが高く維持されている時期は、問題なくブラッシングを行うことができますが、モチベーションが下がってくるとブラッシングがおろそかになりがちです。治療期間が予定より長くかかっている場合や、自分は治療したくなかったのだが保護者や周囲の人が強く治療を希望したようなケースは、このような状態となることが多いように思います。

 

アールクリニックでは、そのままの状態で矯正歯科治療を継続していくと、口腔内の状態が悪くなるため、再度徹底したブラッシング指導を行います。

どうしても改善されず、虫歯が多発する場合は、患者さんと相談して治療のゴールを変更することもあります。

歯科・矯正歯科アールクリニック

山口県宇部市西岐波東原1227

 0836-51-6480

診療時間 /

午前 9:00 - 12:30  午後 14:00 - 18:30

休診日 / 木曜・日曜・祝日

受付時間 / 午前 11:30まで  午後 16:45まで

診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:30

10月12日(月)は休診となります。15日(木)は午後から診療となります。