· 

矯正装置装着後の歯痛について

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、矯正装置装着後の歯痛について語らせていただきます。

 

矯正治療を終えた患者さんがよく言われることは、「矯正治療のはじめに装着したゴムがいちばん痛かった」です。矯正治療のはじめにおいて、臼歯部にバンドを入れることがよくあります。このバンドを装着するために歯間分離用のゴムを装着します。

 

ゴムを装着することで歯が動き、その矯正力の影響で歯根膜などの一種の炎症反応が生じることが痛みの原因と考えられます。そのため、歯間分離用ゴムや矯正装置を装着したとき、あるいは矯正装置を調整した際に、期間や程度については個人差があるものの、1~2週間程度は食事をすると痛みが生じます。特に硬いものを噛む際に痛みが生じ、噛み切ることができない場合が多いです。

 

アールクリニックでは、歯間分離用のゴムを入れる前や装置を装着する前には、必ず痛みが生じることを患者さんに伝えております。痛みに対する対処法としては、持続的な痛みがあり、つらい場合には鎮痛薬を服用してもらいます。痛みが軽度な場合は、そのまま我慢してもらうか、食事の際には軟らかいものを食べてもらうか、硬い食材などは小さくして調理するなど工夫をしてもらっています。

 

また、アールクリニックには炭酸ガスレーザーがありますので、装置装着時あるいは装着前に根尖部歯肉部に向けて弱い出力のレーザー照射することで、痛みを緩和できますのでご利用ください。

 

当院では矯正装置装着後の痛みに対し、これらの方法で患者さんにアプローチしております。