· 

矯正歯科治療と金属アレルギー

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、矯正歯科治療と金属アレルギーの関係について語らせていただきます。

 

矯正歯科治療を受けられる方で、治療前にアレルギーを発現する金属についてわかっている場合や既往があるときは、診療で使用する材料にその金属が入っているかどうかを確認します。そのうえでアレルギーを発現する物質を含まない材料を用いて治療を行います。

 

どの金属でアレルギーを発現するのかがわかっていない場合は、皮膚科でパッチテストを依頼し、結果が出た後に治療についての対応を考えていきます。

 

矯正治療では、バンド、ブラケット、チューブ、アーチワイヤーなど、金属を使用する機会が多く、口腔内において使用した材料を構成する金属が唾液などによって溶出することによって変化を起こし、アレルギーが発現します。

 

アレルゲンはタンパク質なので、金属が直接アレルギーを起こすことはありませんが、口腔内に装着した装置などから溶出した金属イオンが、体内のタンパク質と結合することによって生じるとされています。

 

対応策として、

  1. ブラケットについてはメタルフリーの材料(セラミックス、プラスチックなど)の使用、アーチワイヤーについてはニッケルフリーのβⅢやゴムメタルワイヤーなどアレルギーの出にくい材料を使用します。
  2. クリアライナーやインビザラインなどのマウスピース矯正を行います。

 

金属アレルギーのある方は、事前にお問い合わせください。

歯科・矯正歯科アールクリニック

山口県宇部市西岐波東原1227

 0836-51-6480

診療時間 /

午前 9:00 - 12:30  午後 14:00 - 18:30

休診日 / 木曜・日曜・祝日

受付時間 / 午前 11:30まで  午後 16:45まで

診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:30

12月14日(月)は休診となります。17日(木)は午後からの診療となります。年末年始の休診日は、2020年12月29日午後~2021年1月3日となります。