矯正ソリューションソフトウェア「Dolphin」

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、当院の「デジタル矯正システム」に欠かせない矯正ソリューションソフトウェア「Dolphin」の紹介をさせていただきます。

 

「Dolphin」は世界中の歯科専門医にソフトウェアによる画像管理、分析、診断、治療計画、患者説明のソリューションを提供しています。産業界、調査機関、臨床家のアドバイスをもとに開発された「Dolphin」は1988年以来、アメリカやその他の国のユーザーからのフィードバックを反映しながら「よりパワフルに、よりシンプルに」進化し続けているソフトウェアなのです。

Imaging Plus~画像管理~

「ImagingPlus」はDolphinの様々な機能のベースとなる画像管理ソフトです。患者さんの写真やX線画像をすばやく簡単に登録でき、効果的に治療経過を患者さんへプレゼンテーションすることができます。

Consultation & Image Library~画像モーフィング~

「ライブラリー機能」・・・ 症例画像、各種歯列の画像を蓄積して他の患者さんへのデモンストレーションに利用することができます。たとえば、患者さんがブラケットを装着した画像、まっすぐな歯並びになった画像、ホワイトニングをした後の白く輝く歯の画像をデモンストレーションすることが可能です。

「モーフィング機能」・・・ 患者画像を切り取り、カービング、回転などの編集をすることで治療前のイメージ画像を作り出すことができます。例えば、歯列弓を拡大した画像、オトガイ部を前後に調整したイメージ画像を作り出すことができます。

Ceph Tracing~セファロ分析・トレース~

セファロ分析とトレース重ね合わせをすばやく、かつ正確に進行させるためのソフトウェアです。セファロX線画像に計測点を入力するたけでトレースラインが描画される機能を有しています。ニーズに合わせた分析結果が画面上で確認可能です。

Treatment Simulation~治療シミュレーション

現状の側貌写真から歯科医師が診断・計画する治療内容によりもたらされる変化をシミュレーションするためのツールです。歯科・外科矯正ともに対応しており、術前に複数の治療計画の評価・検討に用いることができます。

3D ~3次元データ加工~

矯正臨床におけるCT データの活用を高める便利なツールです。CBCT、 Medical CT 、 MRI 、 STL 、 3D カメラデータを画面上に表示させ、簡単操作で診断に必要な情報が表示されます。

Aquarium~コンサルテーション~

患者説明やケースプレゼンテーションを行うために設計された高品質な3D アニメーションを利用した患者理解度・満足度を高めるツールです。診断所見、矯正治療、矯正装置、装置使用方法、予防、外科矯正を含む説明を動画でわかりやすく提供するために設計されました。

アールクリニックでは、最先端の技術を取り入れ、顔全体のプロポーションからスマイルまでプロデュースする一歩進んだ審美矯正治療のために欠かせないデジタル機器・技術を導入しています。また、最新鋭デジタル機器・技術を導入したことにより「抜群の安全性」「短期間での治療の実現」「圧倒的精度」を手に入れ、歯列矯正に革命を起こすデジタル矯正で素敵なスマイルまでプロデュースすることができるようになりました。すべては「歯並びに悩む人たちが美しい笑顔を手に入れるきっかけになるなら」と考えます。