画像診断システム「Ortho Studio」

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、当院の「デジタル矯正システム」に欠かせない画像診断システム「Ortho Studio」ついて説明します。

 

「Ortho Studio」は、3Dスキャナーで取り込んだデータをデータベースで保存し、検査や分析を行うための矯正歯科向けソフトウェア・パッケージです。いくつかのモジュールを組み合わせて使用します。院内の石膏模型をデジタル化、データベース化することが可能です。

①3Dスキャナー MAESTRO 3D

印象、歯列模型を高速・自動スキャンし、STLデータを出力します。模型のデジタル化、データベース化ができます。

②オルソスタジオモジュール


模型のスキャン機能、台座の作成、様々な計測、模型分析、咬合の接触判定など基本的な機能が備わっています。

③バーチャルセットアップモジュール

歯列のセットアップを作成します。CBCTなどからSTL出力した歯根部のデータを読み込み、セットアップに使用することができます。回転や移動、IPRで削ることができます。

④モデルビルダーモジュール

オリジナルのモデルからセットアップ後のモデル間の各ステージのSTLモデルのデータを出力します。

⑤ブラケットプレースメントモジュール

セットアップモデルにブラケットを自動で配置することができます。

アールクリニックの使用例としては、

 

①3Dスキャナー MAESTRO 3Dと②オルソスタジオモジュールを使って分析や治療前の模型を3Dモデルプリンタで作成しています。

 

③バーチャルセットアップモジュールを使って、CBCTから歯根部のデータを抽出し、歯冠部と融合させ、治療後のゴールを設定した模型(セットアップモデル)を、今までにない「圧倒的精度」をもって3Dモデルプリンタで作成しています。

 

④モデルビルダーモジュールを使って、歯根の位置を確認しながら各ステージの3Dプリンタ模型を作り、院内でアライナーを作成しています。

 

⑤ブラケットプレースメントモジュールを使って、歯根の位置まで配慮したセットアップモデルを作り、インダイレクトボンディング用のトレーを作成しています。

 

デジタル矯正により、今まで見えていない部分を可視化して取り組むことができるようになりました。

 

アールクリニックでは、最先端の技術を取り入れ、顔全体のプロポーションからスマイルまでプロデュースする一歩進んだ審美矯正治療のために欠かせないデジタル機器・技術を導入しています。また、最新鋭デジタル機器・技術を導入したことにより「抜群の安全性」「短期間での治療の実現」「圧倒的精度」を手に入れ、歯列矯正に革命を起こすデジタル矯正で素敵なスマイルまでプロデュースすることができるようになりました。すべては「歯並びに悩む人たちが美しい笑顔を手に入れるきっかけになるなら」と考えます。