画像診断システム「Cephalo Metrics AtoZ」

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、当院の「デジタル矯正システム」に欠かせない画像診断システム「Cephalo Metrics AtoZ」ついて説明します。

 

「Cephalo Metrics AtoZ」は矯正歯科、口腔外科、小児歯科向けの分析診断支援ソフトウェアで、これは矯正治療を行う患者さんからの資料をもとに詳細な分析ができ、診断、治療計画を立てるのにたいへん役立つソフトウェアです。そして、セファロ、CBCT、DICOM、STLデータに対応しているので、セファロから模型、ボリュームレンダリングまで分析・診断のサポートになっています。CBCTのDICOMデータをボリュームレンダリング(VR)データで表示します。(以下の機能を使用できます。)

  • アンカースクリューの植立シミュレーション
  • 気道の評価、距離計測、角度計測、体積計測
  • CTからセファロレントゲン画像への変換
  • 2つのVRデータのスーパーインポーズ
  • STLデータの重ね合わせ表示
  • 3D分析

このソフトの機能により、アンカースクリューの植立シミュレーションからスクリューガイド作成までできるようになりました。

①CTデータ(DICOM)と歯列STLデータ(模型スキャンや光学印象)を使いスクリューガイドの設計ができます。

②スクリュー植立シミュレーションとガイド作成機能が連動しており、シミュレーションで植立したスクリューの位置にガイドを設計します。難しい位置への植立も、シミュレーションなら歯間のスペースやスクリュー周辺の骨密度を確認できます。

③患者さんのSTLデータを読み込み、ポジショニングでCTデータの歯列と一致させます。Adjustmentダイアログで細かく移動量を指定できます。


④位置合わせ後に、スクリューガイド作成ツールを起動し設計します。使用するスクリューや植立位置等、使用用途に応じて内径や外形、高さなどを細かく設定できます。

⑤外形の設計はポイント入力で簡単に行えます。

⑥設計したスクリューガイドをSTLデータで出力します。3Dプリンターでのプリントが可能です。


スクリューガイドを使用すれば、安全に確実にスピーディーに行うことができます。このシステムは本当にすごいことで、今でも矯正医のほとんどが目に見えないスクリューの植立部位に対し、歯根と歯根の間、数ミリの中に手探りの状況で施術するのが現状です。見えない状況の中で行うので、うまくいけばいいのですが、スクリューが歯根にあたったり、適切な位置に埋入することができず脱落したりすることもあります。矯正治療を行う上で、スクリューを使用するのとしないで行うとでは、やはり多少ゴールも異なってきます。

 

アールクリニックでは、最先端の技術を取り入れ、顔全体のプロポーションからスマイルまでプロデュースする一歩進んだ審美矯正治療のために欠かせないデジタル機器・技術を導入しています。また、最新鋭デジタル機器・技術を導入したことにより「抜群の安全性」「短期間での治療の実現」「圧倒的精度」を手に入れ、歯列矯正に革命を起こすデジタル矯正で素敵なスマイルまでプロデュースすることができるようになりました。すべては「歯並びに悩む人たちが美しい笑顔を手に入れるきっかけになるなら」と考えます。

歯科・矯正歯科アールクリニック

山口県宇部市西岐波東原1227

 0836-51-6480

診療時間 /

午前 9:00 - 12:30  午後 14:00 - 18:30

休診日 / 木曜・日曜・祝日

受付時間 / 午前 11:30まで  午後 16:45まで

診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:30

1月14日(木)は午後のみ診療となります。