· 

左右対称であることが重要

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、美しいスマイルづくりをテーマにした「顔の左右対称」について語らせていただきます。

 

人は顔や体について左右対称であることを好みます。それは左右対称であることを美しいと感じるからだといわれています。

 

確かに顔の正中線から、歯列がちょっとでもずれていると、そのずれを我々は敏感に感じ取り、違和感を覚えます。ですから、美しい笑顔の基準においても歯並びを含めて左右対称であることが大前提になるのです。

矯正治療においても歯列の正中線を顔の正中線(顔の真ん中の線)に一致させて左右対称に並べることにたいへん注意を払います。

 

また、スマイルラインといって、歯と唇によってつくられるラインがありますが、理想とされるスマイルラインは直線的なラインではなく、口角に向かって軽く弧を描くようなラインです。しかも、下唇のライン(リップライン)が上の歯列の切端(先端)のラインに沿っていることとされています。つまり、下の唇が軽く上の歯の切端に触れるような状態です。

また、上唇のラインが高すぎると、上あごの歯肉が出てしまい、いわゆるガミースマイル(gummy smile)になってしまいます。ガム(gum)とは歯肉のことをいいます。上唇のラインは歯肉が出すぎないような高さであることが求められます。

 

そのほか、歯の切端のラインは顔面の正中線に対して垂直であることや、歯軸の傾斜は正面から見て、前歯から犬歯にかけて徐々に傾斜の角度を増し、第一小臼歯から以降はほぼ平行になるなど、細かい注意点がいろいろあります。

 

アールクリニックではただ歯をきれいに並べるだけではなく、生涯の健康につながる、そしてスマイルをプロデュースする矯正歯科治療を行っております。