· 

理想のスマイルについて

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、美しいスマイルづくりをテーマにした「理想のスマイル」について語らせていただきます。

 

矯正治療によって美しい口元を手に入れたら、さらなる美しさを目指して理想のスマイルを手に入れましょう。では、理想のスマイルとはどういうスマイルなのでしょうか。歯列がどのように並ぶとより美しく見えるのか、唇との関係など様々な角度から研究されているのでいくつかご紹介しましょう。皆さんもご自身の笑顔を鏡で見ながら、チェックしてみてください。

 

ひとつはバッカルコリダー(buccal corridor)という要素があります。聞きなれない言葉だと思いますが、buccalとは「頬の、口の」という意味で、corridorとは廊下といった意味があります。直訳すると「口の廊下」となりますが、これは笑ったときにできる口角の内側と歯列の間にできる暗い影のことをいいます。またはブラックスペースともいいます。

この暗い影の部分が大きいと唇に対して歯列が小さく見え、バランス的によくありません。笑ったときの印象が貧相なイメージになってしまうといわれています。逆にバッカルコリダーがほとんどない場合は、笑ったときに白い歯が口元全体に広がり、華やかな印象を受けます。ですから、バッカルコリダーのスペースをできるだけなくすことが審美的に美しいとされているのです。

 

アールクリニックではただ歯をきれいに並べるだけではなく、生涯の健康につながる、そしてスマイルをプロデュースする矯正歯科治療を行っております。