· 

顎関節への負担について

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、歯並びや噛み合わせが悪いと影響を与える「顎関節への負担」について語らせていただきます。

 

歯列が乱れていたり、噛み合わせが悪いと、あごの関節にも悪影響が及びます。ただ、あごの関節というのはある程度の融通性があって、噛み合わせの悪さや不具合は吸収して機能してくれます。

 

しかし、それにも限界があり、無理な使い方を続けていると、あごの関節が痛くなったり、口が開けれなくなったりしてしまうのです。

 

今、若い女性に増えている顎関節症はストレスなども原因になりますが、もともと持っていた噛み合わせや歯列の乱れも一因となるといわれています。

 

歯列の悪さは多かれ少なかれ、あごの骨に負担をかけています。そうした負担を取り除く根本治療は、矯正治療が最良の治療法だといえます。もちろん顎関節症は複合疾患といわれ、様々な原因が重なり合って起きるものといわれているので、歯並びや噛み合わせだけが原因となるわけではありません。

 

アールクリニックではただ歯をきれいに並べるだけではなく、生涯の健康につながる矯正歯科治療を行っております。

歯科・矯正歯科アールクリニック

山口県宇部市西岐波東原1227

 0836-51-6480

診療時間 /

午前 9:00 - 12:30  午後 14:00 - 18:30

休診日 / 木曜・日曜・祝日

受付時間 / 午前 11:30まで  午後 16:45まで

診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:30

11月9日(月)は休診となります。19日(木)は午後からの診療となります。