· 

完全オーダーメイドの裏側矯正

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、完全オーダーメイドの裏側(リンガル)矯正について語らせていただきます。

 

裏側からの矯正治療において最も重要なポイントは、矯正装置をいかに正確に正しい位置につけるかということです。矯正装置の正しい位置づけによって、質の高い安定した矯正治療を受けていただけるのです。

 

完全なオーダーメイドの装置を作製するためにまず、患者さんの歯型を1歯ずつ、丁寧に分けて理想的な治療ゴールにワックス上で並べます。このきれいに排列した模型(セットアップモデル=治療後の予測模型)に対し、最終的なワイヤーを曲げます。そして、ワイヤーにブラケットをつけて、患者さんの歯型との間を接着剤で埋めます。最後はコアと呼ばれる装置を介して患者さんのお口の中につけていくのです。この一連の作業は非常に高い精度の技術を要し、どこかのステップで少しでもずれてしまえば、治療の結果がまったく変わってしまいます。

 

この精度を極限まで高めるために、アールクリニックでは最新のデジタル技術を取り入れ、診査・診断~治療計画に力を注いでいます。