· 

裏側矯正におけるメリット(その3)

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、裏側(リンガル)矯正におけるメリットについて語らせていただきます。

 

裏側(リンガル)矯正を希望する場合、「見えない矯正」ということが他とは比較できない、たいへん大きなメリットとなっています。裏側からの治療のメリット、その3をお話します。

その3.上顎前歯を後ろに下げるのに適した治療

矯正治療では、歯を抜いてスペースをつくり、そのスペース分だけ前歯を後ろに移動させるという方法をとることがあります。この場合、奥歯を固定源にして前歯を引っ張って移動させます。ところが、表側の治療では前歯が後ろに移動しないで、奥歯が逆に引っ張られて前に移動してしまうことがあります。裏側矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。歯が前に出て、いわゆる「出っ歯」のかたで、なるべく前歯を引っ込めたいという場合には裏側矯正のほうが効果的といえるでしょう。