· 

見えない裏側矯正について

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、見えない裏側矯正について語らせていただきます。

 

アメリカでは矯正治療をすることはステイタスでもあるので、矯正装置はむしろ目立たせたい、逆に見せたいという人も多いのですが、日本やヨーロッパなどでは文化が違うようで、やはりできれば矯正装置は見られたくない、見せたくないという人が多いのです。そのため、ヨーロッパやアジア、日本などでは裏側矯正は人気があります。日本では、リンガル矯正や舌側矯正とも呼ばれています。

 

裏側専用に開発された装置を歯の裏側(舌側)につけて、そこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。この方法の最大のメリットは何といっても装置が見えないということです。矯正治療をしていることがほとんど外からはわかりません。ですから、矯正装置が目立つのが嫌でこれまで治療に踏み切れなかったという人には朗報です。

 

ただ、舌が装置にあたるため、最初のうちは違和感があることや発音がしにくいということがあるかもしれません。最近では装置の開発も進み、ブラケットも小型で薄くなり、患者さんが感じる違和感もかなり少なくなっています。ほとんどのかたは、日が経つうちに違和感もなくなり、発音も問題なくできるようになってきます。

 

治療する側のことをいえば、表側とは異なったテクニックが必要となるので、専門の研修を受けて熟練する必要があります。そのため、裏側(リンガル)矯正治療ができる歯科医院は限られます。アールクリニックでは、裏側(リンガル)矯正はもちろんのこと、見えにくい取り外しのできるマウスピース矯正(インビザライン)、従来の表側矯正、すべての矯正治療に対応しております。アールクリニックは山口県内で裏側矯正のできる数少ない歯科医院のひとつです。