· 

インビザラインと非抜歯治療の相性

こんにちは、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックの歯科医師・院長の折田です。今日は、インビザラインと非抜歯治療の相性について語らせていただきます。

 

精密検査後、診査・診断、抜歯分析をした結果、非抜歯治療でいけるという判断ができた症例に関しては、インビザラインは非抜歯治療の要である「奥歯の移動」ができるので得意とします。

 

しかも、インビザラインのアライナーには次のような特性もあるため、他の矯正装置よりも「奥歯の移動」に適していることを多くの歯科医が確認しています。

  • アライナーが歯の全体を覆い、上下の歯が触れても歯に加わる力が軽減されるため、治療計画への干渉が少なくなる。
  • 素材が軽く、頬の内側の筋肉への接触がゆるいため、頬から歯にかかる圧力も軽減される。
  • 歯を全方向から支えて動かすため、1点に力をかけるよりもコントロールがしやすい。
  • 装置の着脱が簡単であり、いつも通りの歯磨きなどの歯の手入れができるため、治療に影響を及ぼす歯石の定着や歯肉炎などが起こりにくい。
  • 0.1ミリ単位でコントロールが可能である。

日本の矯正歯科分野では、まだワイヤー矯正が主流ですが、精密検査後、診査・診断の結果、非抜歯治療でいけると判断した症例に関しては適した治療法です。