Adult Orthodontics

おとなの矯正


裏側矯正(リンガル)

歯の裏側に矯正装置を取り付ける矯正方法です。

目立ちにくく、取り外しが不要という

メリットを持っています。

裏側矯正のメリット

  • 歯の裏側に矯正装置を取り付けるので目立たない
  • 歯の裏側は常に唾液が循環するので虫歯になりにくい
  • 装置の取り外しの手間がかからない
  • 食べ物が歯の表面にはさまってしまう心配がない

裏側矯正のデメリット

  • 裏側に装置を取り付けるので違和感を感じやすい
  • 発音がしづらい


マウスピース矯正

透明のマウスピース矯正装置なので、

目立ちにくく、取り外し可能なので、

衛生的な矯正方法です。

マウスピース矯正のメリット

  • 目立ちにくい
  • 取り外し可能なので衛生的
  • ワイヤー矯正に比べて痛みが少ない
  • 金属アレルギーの人でも治療可能

マウスピース矯正のデメリット

  • 1日20時間以上装着する必要がある
  • 適応する症例が限られる


表側矯正(ラビアル)

どのような症例にも

対応することができる矯正治療です。

目立ちにくいクリアブラケット矯正も

取り扱っております。

表側矯正のメリット

  • ほとんどの症例に対応可能
  • 装置を取り外さなくていい
  • ワイヤー矯正の中では治療費を抑えられる

表側矯正のデメリット

  • 矯正していることが人から気付かれる
  • 食べ物が詰まりやすい


部分矯正(ラビアル)

気になる部分だけ、前歯だけなど部分的に

矯正することが可能な矯正方法です。

部分矯正のメリット

  • 費用を抑えられる
  • 気になる部分だけ治療できる

部分矯正のデメリット

  • 適応できる症例に限りがある
  • 咬み合わせまでは改善できない