歯列矯正とは

 What is orthodontics?


子どもの歯列矯正

子どもの矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療」の2段階からなります。治療に必要な矯正装置や治療法は、歯並びや年齢などによって異なります。1期治療は、永久歯が生えそろう6歳~10歳くらいまでに始めるのが良いでしょう。お子さんの歯がおかしな生え方をしていたら、早めに相談してください。


大人の歯列矯正

永久歯に生えそろった患者さんを対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、技術の進歩によって矯正治療に年齢は関係なくなり、患者さんのライフスタイルに合わせて様々な治療法が選択できるようになりました。大人の矯正は子どもの矯正と違って、あごの骨格を矯正することはできないので、歯並びによっては抜歯をして歯を並べるスペースをつくる場合もあります。


歯列矯正の目的

出っ歯、受け口、デコボコの歯などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。矯正治療をすることにより、キレイな歯並び、調和のとれた顔立ちになることはもちろん、よりしっかり噛めるようになって、消化器官の負担が少なくなったり、顎の筋肉のバランスがよくなります。また、歯並びの影響で発音しづらかったり、歯磨きがしにくくて虫歯や歯周病になりやすかったことが改善されます。


歯並びが悪いとこうなる

  • 歯ブラシが届きにくく虫歯や歯周病になるリスクが高くなる。
  • 発音に影響を起こす場合がある。
  • 食べるときにしっかり食べ物を噛めない場合がある。
  • 成長期に悪い歯並びや指しゃぶりなどのお口の癖を放置しておくことで、顎の成長が悪い方向に進んだり、発育不足を起こすことがある。
  • 悪い歯並びで外見にコンプレックスを持ち、心理的に悪い影響を与える場合がある。

治療が必要な悪い歯並び

歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを不正咬合といいます。あなたの歯並びは次のどれに当てはまるか探してみてください。

 叢生(乱ぐい歯)

顎のサイズに対して歯が並ぶ十分なスペースがなく、重なってデコボコになっている状態。

 上顎前突(出っ歯)

上の前歯が強く前に傾斜していたり、上顎の歯全体が前に出ていたりする状態。俗称「出っ歯」。

 下顎前突(受け口)

上の前歯より下の前歯が前に出てしまっている状態。俗称「受け口」。


 交叉咬合

口を閉じた際に、上の歯のいくつかが下の歯の内側にある状態。

 開咬

奥歯は噛み合っていても、前歯の上下は開いていて噛み合わない状態。

 過蓋咬合

上の歯と下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えないほど噛み込んでいる状態。


 空隙歯列

顎の大きさに比べて、歯が小さかったり、歯の数が少なかったりする原因で、隙間が多い状態。

 正中離開(すきっ歯)

上顎の真ん中の歯の間に隙間がある状態。俗称「すきっ歯」。


基本的な正しい歯並び

正しい歯並び、正しい噛み合わせとは、以下の条件を満たしている状態です。奥歯でカチンと噛んだ状態で、ご自分の歯並びを確認してみてください。

前歯2本の境目の線が上下ともぴったり合っていること。

上の歯列が下の歯列に2㎜くらいかぶさっていること。

横の歯列は上の歯1本に対して下の歯2本で支えるというバランスで噛み合っていること。


矯正治療中のリスク

不正咬合(悪い歯並び)の改善を目的とした矯正治療には、以下にあげられるリスクを生じる可能性があります。その多くは患者さん自身の日常生活に支障を与えるものではありません。しかし、リスクを生じる可能性があることは事実であり、事前に知っておいていただく必要があります。そして、ご本人からの迅速な連絡をいただくことで、リスクを最小限に食い止めることが可能になり、安全な治療を行えます。

  1. 矯正装置の装着後、当日から7日程度(特に食事の際)歯痛を感じることがあります。
  2. 治療期間中は、虫歯や歯周病への対策を積極的に行う必要があります。治療中に虫歯や歯周病が見つかった場合は、矯正装置を外して治療していただくことがあります。その際に発生する治療費は患者さんのご負担となり、場合によっては治療期間が延びてしまいます。
  3. 口内炎が頬粘膜、口唇、舌などにできることがあります。
  4. 矯正装置の装着が、一定期間、患者さんの発音に影響を与える場合があります。
  5. 歯周病などの原因で歯肉が下がっている方は、歯を動かすことでさらに歯肉が下がり、歯根が露出することがあります。
  6. 歯の移動中、様々な原因により、歯の神経がしみるように痛むことがあります。
  7. 治療中に歯根が短くなることがあります。
  8. すべてのケースで起こるわけではありませんが、治療の内容や経過で、開口障害、頭痛、耳鳴り、筋の硬直などが生じることがあります。
  9. 矯正装置の装着後、装置と歯が一時的に強く接触することがあり、まれに歯の一部が磨り減ってしまうことがあります。
  10. 治療の進行上、抜歯を必要とすることがあります。
  11. 歯の動くスピードには個人差があるため、治療期間が予定より変更されることがあります。
  12. 矯正治療を中断した場合でも、治療前の状態に戻すことはできません。

保定装置と後戻り

矯正治療を終えた後、装置が取れた後の歯は、何もしなければ元の位置に戻ろうと少しずつ動いてしまいます。これを「後戻り」といいます。矯正治療後の後戻りは、多少なりともほとんどの患者さんに起こり得ます。矯正治療終了直後の後戻りを防ぐために、保定装置を使い、歯を支えている骨が安定するまで歯並びを固定します。この保定装置の使用が不十分だと、後戻りが起こります。このような場合の再治療には、再治療費が必要になることもありますので、保定装置の装着は必ず指示に従ってください。


患者さんの協力が必要

矯正治療を理想的に進めるためには、患者さんの協力が欠かせません。

  1. 主治医が必要と判断した治療器具は、主治医の指示に従って使用してください。指示が守れない場合、治療の期間や結果に大きな影響を与えます。
  2. 治療中は、装置を壊したり、装置に付着してお口の中を不潔にするような飲食はご遠慮ください。
  3. 舌やお口の周りの悪い癖や筋力不足が原因で治療がスームズに進まないことがあります。また、矯正治療が終了した後に「後戻り」を起こす可能性がありますので、指示通りのトレーニングをお願いします。
  4. 診療予約は極力守ってください。度重なる予約の変更は、治療の進行を遅らせる原因ともなりかねませんのでご注意ください。

歯の健康のための歯列矯正

みなさんは「8020運動」をご存じですか? これは、厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を残そう」という運動です。じつはこの「8020」を達成している人のお口を調査してみると、「歯並びや噛み合わせに問題がある人がいない」という結果が出たのです。 つまり「正常な歯並びや噛み合わせの人は歯を長く保ちやすい」と判明した一方で「歯並びや噛み合わせに問題がある人が8020を達成するのは難しい」ということも判明したのです。歯並びがよいことで食生活が豊かになり、全身の健康にも影響を与えます。 当院では、歯列矯正においても「歯を残す」「歯の健康を回復・維持する」治療を重要視しています。



まずはお気軽に無料相談へお越しください。

「もっと矯正治療の知識を得たい!」「自分の歯並びが悪い歯並びなのか知りたい!」「見えない矯正装置を見てみたい!」など気になることがございましたら、当院の無料相談をぜひご利用ください。

選択画面から「無料矯正相談」を選択していただき、希望日→希望診療時間→患者様情報入力→予約内容確認という順で予約を完了してください。ご不明点・疑問点はお電話でお問い合わせください。

歯科・矯正歯科アールクリニック

山口県宇部市西岐波東原1227

 0836-51-6480

診療時間 /

午前 9:00 - 12:30  午後 14:00 - 18:30

休診日 / 木曜・日曜・祝日

受付時間 / 午前 11:30まで  午後 17:30まで

診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:30

6月17日(水)は休診日となります。6月18日(木)は診療日となります。