検査・診断

検査・診断 · 2020/10/15
まずは顔の写真と口の中の写真を撮影します。歯の治療なのに、なぜ顔の写真が必要なのかというと、笑ったときの歯の見え方や歯並びの中心位置(正中線)の位置など、バランスのとれた歯並びと噛み合わせをつくるために必要な情報が、顔の写真からたくさん読み取れるためです。また、口の中の写真からは噛み合わせの状態などをチェックします。
検査・診断 · 2020/10/14
矯正治療を行う歯科医は、顎骨の成長発育を熟知した上で治療前に問診、精密検査や臨床検査を行い、その上で治療計画を立て、それを患者さんにわかりやすく説明し、患者さんが納得していただければ治療に入ります。つまり、最初から使う装置が決まっているのではなく、診断結果と治療計画からもっとも効果的な装置が選ばれるのです。